横浜国立大学|YNU

横浜国立大学|YNU

経済学部DSEP
(DSEP-Econ.)の概要

経済学とデータサイエンスの融合により
社会ニーズに即した人材を養成

数理・データサイエンスの重要性が高まる中、
2021年4月、経済学部は教育プログラム(EP)を新設し、
今日的な社会ニーズに即した人材養成を行います。



経済学部DSEP
(DSEP-Econ.)の特色



本プログラムの2つの特色

2つの専門性

経済学の専門性を修得し、情報処理・統計分析能力も身につけることによって、社会が求める専門能力と統計処理能力の両方を兼ね備えた人材を育成します。

5年一貫教育

学部4年と博士課程前期1年の5年一貫教育を選択することができます。5年一貫教育を通じて修士号を取得し、即戦力として企業や官公庁で活躍できる人材を輩出します。

科目一例

  • データサイエンス科目
  • 既存の経済学部科目と並行して、データサイエンス科目を履修し、情報処理・統計分析の基礎的な能力から発展的な能力までの獲得を目指します。

    ●データサイエンス・リテラシー科目
    データサイエンス・リテラシーⅠ・Ⅱ

    ●データサイエンス・ベーシック科目
    ミクロデータサイエンス、マクロデータサイエンスなど

    ●データサイエンス・コア科目
    中級ミクロデータサイエンス、中級マクロデータサイエンスなど

4年間の学びのプロセス

1年次

経済学とデータサイエンスの基礎を学びます。

●専門基礎科目(科目例)
ミクロ経済学入門、マクロ経済学入門、グローバルエコノミー入門など
データサイエンス・リテラシーⅠ・Ⅱ

2年次

経済学とデータサイエンスの基幹的な科目を履修します。
2年次からインターンシップへの参加が推奨されます。

●専門基幹科目(科目例)
ミクロ経済学、マクロ経済学、現代経済システム、経済政策など
ミクロデータサイエンス、マクロデータサイエンス、数理統計、計量経済学など

3,4年次

「経済数量分析」分野を主専攻として、経済学とデータサイエンスを組み合わせた発展的な学習に取り組みます。

●専門応用科目(科目例)
中級ミクロデータサイエンス、中級マクロデータサイエンス、中級数理統計、中級計量経済学など
演習(ゼミナール)、インターンシップ

※5年一貫教育によって修士の学位を取得することを目指す学生は、学部4年次に大学院共通科目を最大22単位まで受講できます。
※学部3年次までに学部卒業単位の大半を修得した優秀な学生のみが、5年間で修士の学位を取得することができます。

予想される進路

マクロデータや金融データを分析・活用して、政策提言や市場予測等に貢献する人材を輩出します(金融機関、総合商社、製造業、研究機関など)。


入試について

本プログラムが求める学生像

市場システム、経済・社会制度等を学び、データサイエンスの手法に基づいて、現実の経済・社会が抱える諸問題の解決に挑戦したい学生を求めます。

募集人員

経済学部DSEP(DSEP-Econ.)合計 前期日程 後期日程
10 5 5

選抜方法

一般選抜において、本プログラムを志望する受験生の中から選抜を行います。
なお、選抜の結果、一般プログラムの合格者となることがあります。