横浜国立大学|YNU

横浜国立大学|YNU

YNU 横浜国立大学

経済学部

College of

Economics

学部・学科の概要

グローバル化の深化に対応し、
経済社会にイノベーションをもたらす
人材を育成

経済学部は1949年の横浜国立大学創立とともに設立されました。創立時の経済学部の母体であった1923年創設の横浜高等商業学校(横浜高商)を含めますと、経済学部の歴史は90 年を超えます。経済学部は、横浜高商以来の伝統を受け継いで、理論と実務のバランスの取れた教育、国際貿易港横浜を背景とした国際色豊かな教育を進めてきました。 2017年4月、グローバル化が進む経済社会で活躍できる人材育成をいっそう推進する

ため、学科の壁を取り払い、1学科制へ改編します。
専門教育を2つのレベルに分け、初級レベルでは経済学の基礎をバランス良く学び、中級レベルでは5つの専門分野から各学生が分野を主体的に選択し、高い専門性を身につける体制を整備します。英語による専門科目講義、英語演習を充実させるとともに、数理的、統計的分析能力の育成体制も強化します。

経済学部は1949年の横浜国立大学創立とともに設立されました。創立時の経済学部の母体であった1923年創設の横浜高等商業学校(横浜高商)を含めますと、経済学部の歴史は90 年を超えます。経済学部は、横浜高商以来の伝統を受け継いで、理論と実務のバランスの取れた教育、国際貿易港横浜を背景とした国際色豊かな教育を進めてきました。 2017年4月、グローバル化が進む経済社会で活躍できる人材育成をいっそう推進するため、学科の壁を取り払い、1学科制へ改編します。
専門教育を2つのレベルに分け、初級レベルでは経済学の基礎をバランス良く学び、中級レベルでは5つの専門分野から各学生が分野を主体的に選択し、高い専門性を身につける体制を整備します。英語による専門科目講義、英語演習を充実させるとともに、数理的、統計的分析能力の育成体制も強化します。

経済学部長 中村 靖

よりグローバルに多様な視点で

経済学を学ぶ

経済学部は、時代を切り拓き、内外で活躍できる人材を多数世に送り出してきました。新たなアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシーのもと、社会からより高い評価を受ける人材をこれからも育成します。意欲ある多くの皆さんが、我が経済学部を目指され、社会で活躍する我が学部卒業生に続くことを切に望みます。

経済学部長中村 靖

経済学科の特色

グローバル社会で通用する
実践力を身につける

学科の改編に伴い、専門教育を2つのレベルに分け、初級レベルで経済学の基礎をバランス良く
学んだうえで、中級レベルでは5つの専門分野から自分の関心に合った分野を選択し、
各学生が自分の将来を見据えて主体的に学び、高い専門性を身につけられる体制を整備しました。

4年間の学びのプロセス

1年次

経済学の基礎と大学での学びに
必要なスキルの修得
全学教育科目(科目例)

英語実習、中国語実習、線形代数Ⅰ・Ⅱ、微分積分Ⅰ・Ⅱ

専門基礎科目(科目例)

ミクロ経済学入門、マクロ経済学入門、グローバル・エコノミー入門、ポリティカル・エコノミー入門、経済史入門、法学入門

2年次

経済学の専門科目を
バランスよく学修
専門基幹科目(科目例)

ミクロ経済学、マクロ経済学、現代経済システム、経済数学、経済政策、憲法、数理統計、計量経済学、International Economics、Global Economy

専門応用科目 初級レベル(科目例)

国際貿易政策、現代外国為替論、金融論、財政学、中国経済、公共経済学、労働経済学、 人・物と法 、 産業組織論、比較経済学、現代社会福祉、地域経済政策、地方財政、アジア経済史、経済学史

3年次

4年次

(3〜4年次)ゼミナールに所属して
専門分野の学習を深める
(4年次)研究テーマに基づいて卒業論文を作成
5つの専門分野から自らの関心に基づき
主分野・副分野を1つずつ選択して深く学ぶ
① グローバル経済

世界の多様な経済・社会・制度の特徴を学び、各国・各地域間がどのような相互依存関係にあるかを学修する。

② 現代日本経済

日本経済を取巻く経済社会問題を学び、理論的かつ政策的な視点から分析する手法を修得する。

③ 金融貿易分析

日本と世界の経済関係を金融と貿易の視点から学び、金融や企業のグローバル化等の現代の課題を学修する。

④ 経済数量分析

数理統計や計量経済学を学び、日本経済が直面する政策課題を統計的・数量的に分析する能力を修得する。

⑤ 法と経済社会

経済に密接に関係する法律科目( 経済法、労働法、商法など)を体系的に学修する。

3,4年次

(3〜4年次)ゼミナールに所属して
専門分野の学習を深める
(4年次)研究テーマに基づいて
卒業論文を作成
5つの専門分野から自らの関心に基づき
主分野・副分野を1つずつ選択して深く学ぶ
① グローバル経済

世界の多様な経済・社会・制度の特徴を学び、各国・各地域間がどのような相互依存関係にあるかを学修する。

② 現代日本経済

日本経済を取巻く経済社会問題を学び、理論的かつ政策的な視点から分析する手法を修得する。

③ 金融貿易分析

日本と世界の経済関係を金融と貿易の視点から学び、金融や企業のグローバル化等の現代の課題を学修する。

④ 経済数量分析

数理統計や計量経済学を学び、日本経済が直面する政策課題を統計的・数量的に分析する能力を修得する。

⑤ 法と経済社会

経済に密接に関係する法律科目( 経済法、労働法、商法など)を体系的に学修する。

実践的な英語力を養成

英語による専門科目
専門科目の初級レベル・中級レベルでそれぞれ英語による科目を取り入れ、専門知識を段階的に英語で修得します。
英語による専門科目
英語による課題プロジェクト演習
2年次より履修可能な『課題プロジェクト演習』では英語による科目も提供され、英語での実践的な課題解決能力を修得します。
英語による課題プロジェクト演習
夏季英語集中キャンプ(Applied Economics Intensive)
2014年よりスコットランドのエディンバラ大学で夏季英語集中キャンプ(4 週間80 時間)を実施しています。
夏季英語集中キャンプ(Applied Economics Intensive)
短期交換留学制度
2003年度からスタートした協定校への短期留学は2015 年度には協定校数が
71校へと増加し、多くの学生が交換留学制度を利用し世界各国で学んでいます。
短期交換留学制度
英語討論会(アジア、欧州、Global Applied Economics Forum)
経済学の知識の活用、アカデミックな英語力の養成、異文化理解の促進を目的に、3 種類の英語討論会を実施しています。
英語討論会 英語討論(アジア、欧州、Global Applied Economics Forum)

卒業後の進路

理論と実践のバランスを重視した教育を受けた経済学部生は、金融機関を中心に、
情報通信、製造業分野など幅広い分野での就職を実現しています。
また講義やゼミで学んだことを活かし、官公庁で政策担当者として活躍する学生も多数います。
また大学院へ進学し、より高度で専門的な研究活動を行うという選択肢もあります。

  • 27.2%

    金融業、保険業

    日本政策金融公庫、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行、大和証券株式会社、日本生命保険相互会社 など

  • 24.3%

    情報通信業

    日本アイ・ビー・エム株式会社、東日本電信電話株式会社、ソフトバンク株式会社、讀賣テレビ放送株式会社 など

  • 18.0%

    製造業

    新日鉄住金化学株式会社、本田技研工業株式会社、三菱電気株式会社、サントリーホールディングス株式会社 など

  • 12.6%

    卸売・小売業、その他サービス業など

    株式会社丸井グループ、あずさ監査法人 など

  • 11.2%

    官公庁

    人事院、国土交通省、農林水産省、東京都庁、横浜市役所 など

  • 3.4%

    建設業

    清水建設株式会社 など

  • 3.4%

    運輸業・郵便業

    日本郵船株式会社 など

入試について

経済学部が求める学生像

経済学部は、数理的・論理的分析と国際コミュニケーション能力を重視しています。
入学者は、高等学校における基本科目の幅広い学習に加え、数学や外国語の基礎的学力を備えていることが必要です。その上で、次のような意欲ある人を求めています。

  • 必要な情報にアクセスするだけでなく、自己の思考で整理し、さらに自ら情報を発信する力を身につけようとする人。
  • 知的好奇心に溢れ、新しい見方やアイディアを具体化し、世の中に貢献していこうとする人。
  • 市場システム・経済社会制度を学び、経済学的手法で経済社会の諸課題の解決に挑戦したい人。
  • 経済・社会・歴史・制度に深い関心を持ち、世界経済を長期的に展望する能力を育み、国際社会が抱える問題の解決に貢献していこうとする人。 
  • 経済と法律にまたがる事象に関心があり、経済学と法学の基礎的素養を修得し、法律の専門知識が生かせる仕事に就きたい人。

募集人員

経済学科 一般入試 アドミッション・
オフィス入試(AO入試)
外国学校
出身者入試
私費外国人留学生入試
前期日程 後期日程 YGEP-N1
(渡日入試)
238 125 90 15 若干名
(前期日程内数)
8

AO入試は、経済学を中心にしてGBEEPでの学修を希望する方のための入試です。

経済学科 238
一般入試 前期日程 125
後期日程 90
アドミッション・
オフィス入試(AO入試)
15
外国学校
出身者入試
若干名(前期日程内数)
私費外国人
留学生入試
YGEP-N1
(渡日入試)
8

AO入試は、経済学を中心にしてGBEEPでの学修を希望する方のための入試です。